BigBangチェゴ~!!


by picanhal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■済州旅行記■ 1日目

朝9時半関西空港発の飛行機に乗り、いざ済州へ。
済州って近いですね~。1時間40分で着いちゃいました。
関空まで2時間もかかったのに・・・( ̄へ  ̄ 凸
済州空港に着いて、飛行機を降りるとき、何か騒がしいなと思ってたら、
出口に近づいたら、すごい雨風が!!! そりゃみんな叫びますね。
「うぉ~っ」と驚いて叫んでると、キャビンアデンダントのおじさん(もしや機長?)が、ダウンのフードをかぶせて送り出してくれました。
さすが風の島『済州』らしいお出迎えでした。

入国審査を終えて、ツアーガイドさんのもとへ集まり、まずは新羅免税店へ。
ちょうどいろいろセールで安くなってましたね。
ただ、今回はツアー代だけで恐ろしい金額なので、「見てるだけ~」の私。
見てるだけも楽しいんですけどね。
新羅免税店を見終えると、ホテルへチェックイン。
私たちの泊まったKALホテルは済州でいちばん古いホテルらしいんですが、
けっこうきれいでした。浴槽も広かったし。
ただ、コンセントが洗面所のところにしかないのはどうかと・・・(-。-;)



まず最初に行ったところは、マイガールのロケ地 『城山日出峰』。
雨が降ったり止んだりと天気が良くなかったので、ガイドさんからは
「今日ここへ行くのは、もしかしたら霧で見えないかもしれないし、
止めたほうがいいです。私もすごい好きなところですが。」と言われ、
一度はあきらめたんですが、食事をしようと思った店が見つからず、
どうしようかと悩んでいたとき、ちょっと晴れ間がのぞいたので、
「え~い、一か八かで行っちゃおう!」ということで、行ってきました。
済州に来ての初タクシー、ドキドキしながら行き先を言うと、
偶然にも日本語ペラペラの運転手さん、しかも発音もネイティブ並。
驚いていると、大阪出身の在日朝鮮人(お母さんは日本人)だということを話してくださいました。
タクシーに乗ること1時間ほどで到着。そのまま運転手さんには待ってもらい、城山日出峰へ。もうとにかくすごい風。運良く雨は上がったものの、今までに体感したことがないぐらいの突風が吹き荒れてて、海に吸い込まれるかと思いました。でも、それが何か楽しくて、「寒い~!」と言いながら、ケタケタ笑ってました。
30分ほどでタクシーにもどって、やっと腹ごしらえ。
既に16時を過ぎてたんですが、昼ごはんです。
海鮮鍋(トッペギ)がどうしても食べたくて、運転手さんに紹介してもらったお店へ行きました。運転手さんの紹介だと高いところとかに連れていかれたり、運転手さんの分も食事代出さなきゃいけなかったりするので、ちょっとドキドキでしたが、城山日出峰のほんとすぐ近くのお店でそんなに高くなく、おじさんは何も食べずにお店の人と話しながら待っててくれました。そりゃ16時過ぎにご飯なんて食べないですよね。冷え切った体にトッペギは、もう最高でした!思いっきり口の中ヤケドしましたけどね。

腹ごしらえが済んだ後は、旧済州にあるスーパー、Eマートへ。
どこにでもある大型スーパーなんですが、こういうとこって楽しい!ここで驚いたことがひとつ!本のコーナーなんですが、韓国の子供たちは”立ち読み”ではなく"座り読み”なんですね。マンガの通路は、棚を背もたれにして座った子供たちでいっぱい。日本ではありえない光景だなぁと思いながら、見てました。

そのまま夜ごはんへと思ってたんですが、Eマートで予想以上に買い物をしてしまったため、いったんホテルへ帰り、その後、やはり明日のイベントを考えたら「豚を食べて、お肌ぷりぷりにしなきゃね」とオギョッサルを食べに徒歩で出発。地図上ではまっすぐいって、ちょっと中にはいったらすぐあるお店のはずなのに、どんどん暗い道へ入っていく・・・あれ?まっすぐきてるよね?と何度も確認しましたが、不安になり、途中のコンビニへ。今の場所を聞くと「全然ちがう!」ところに入ってきているらしい。結局そこからタクシーでお店へ。「この地図は何なんだ」と思うほど、全然違う場所、しかも意外と遠く、タクシーへ乗って正解。道に迷いはしたものの、オギョッサルはものすご~くおいしくて、満足満足でホテルへ帰りました。

これで済州1日目が終了です。文章ばっかりダラダラ長くてすいません。
あまりにも楽しいことが多かったせいか、まとめきれなくて・・・
読んでくださった方、ありがとうございます。
[PR]
by picanhal | 2007-02-06 12:53 | 日記