BigBangチェゴ~!!


by picanhal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今日もいっぱい勉強しました♪

「今日じゃなくて、今日じゃないの?」って突っ込みはナシね( ´艸`)

今日、ハングル教室の帰りに、いつものようにCssiと一緒に皆さんとランチへ。
毎回いろいろ「こうやって言うんやぁ」と思うことはあるのに、
メモを取り忘れて、何に対してそう思ったのか忘れてしまうので、
今日は小さいメモ片手に、この時間を過ごしました。

で、まず最初に知ったことは、私がPukuちゃんの写真をCssiに見せた時に
言われた言葉「잘 들어요?」(だったと思います。)
「良く聞くってなんや~??」とパニックになってしまったんですが、
듣다には聞く以外にも、言いつけに従うという意味もあるんです。
つまり、「ちゃんと言うこと聞きますか?」という意味。
その時は「動物に慣れるってことかなぁ」と話してたんですが、
ちょっとニュアンスが違う感じがしますね。



あと、벌써と이제の使い分け。
YssiがCssiと連絡先交換をしていた時に、
「私たちはもう交換したんです。」というのをハングルで言おうとして
「이제~」を使ったら、それは使わないと言われたので、
じゃあ「벌써~」かな、と言うと、それも違う。
ど~いうこと!!?
もうパニック状態です。
「이제の方が最近のことで、벌써だともっと昔のこと」と説明してくれたんだけど、
それでも?????????????
そこで一つ例文を言ってくれました。
  벌써 끝났어? → もう終わったの?
  이제 끝났어? → やっと終わったの?

これを聞いて、納得。といっても、しっかり分かったとまでは言わないけど、
イメージ的にはなんとなく分かったような。
難しいですね(/TДT)/

あと面白かったのが、韓国の人は登山が好きですよね、という話の時、
高さが500メートル以上(300かもと言ってました)の山に登るのであれば、
それは登山だけど、それ以下は散歩というかハイキングになるんだそうです。
しかも100メートル以下の山は、山とは言わず丘(언덕)なんだそうです。
実際日本でもそういう基準があるのかもしれないですけど、
そんな高さによって区別するなんて考えたことがなくて、
「~丘」という名称のだったら丘、「~山」と付いてれば山と考えてたので、
登山が好きな韓国の人ならではの考え方なのかな、と面白く感じました。

そういえば、授業の時にも「こんな言い方するんだ」というものがありました。
それはチュソクの話のときに、その時食べる食べ物に시루떡があるというところから、시루についての話になり、こういう使われ方もすると教えて頂きました。
注:チュソクのおもちは송편です。そこから、시루떡もありますよね、という話になりました。
시루とは蒸篭(せいろ)のような入れ物のこと。
콩나물はもやしのことなんですが、韓国では日本でのカイワレのように、
容器にいっぱい密集した状態で売ってるらしいんです。
そこから콩나물시루というと、ぎゅうぎゅう詰めの状態を表すんだそうです。
日本語でいうと、すし詰め状態ですね。
たとえば콩나물시루 같은 버스は、すし詰めのパスということです。
単語だとなかなか頭に入らないけど、こういうのは頭に残りますよね。

ちょっとここからは勉強とは違うんですが(ミーハーネタみたいな感じ)、
先週ランチの後、Cssiと分かれてから、みんなで
「次こそは~ssiではなく、야とかを付けて呼ぼう」と話してたんですが、
そんなことすっかり忘れて、今日もCssiと話をしてたんですが、
ある時Cssiが、いつも해요体で話す私たちに対して、
「もっと言葉をさげてください。」と言ってくれたんです。
その方が気楽みたいです。
「え~!?パンマル??」みたいになったとき、ここぞとばかりに
「じゃあ名前はssiじゃなくて・・・」ということになり、ssiを卒業(?)しました(爆)。
といっても、何だか照れて、1回しか呼んでないですけど(;´▽`A``
でもCssiは12月には東京に行ってしまうらしいんです・・・(/TДT)/
あと数ヶ月でもっと仲良くなって、東京に行ってからも交流を続けられるように
頑張らなきゃですね。
[PR]
by picanhal | 2007-09-18 16:07 | 日記