BigBangチェゴ~!!


by picanhal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日本語って難しい!!

昨日の話の続きというか、ランチの時の話なんですが、
日本語を説明するときに、たまたまハングルにそういう表現がないから説明が
できないというものが多くて、日本語って難しいなぁ、と感じました。

昨日、ランチでドリアを食べたんですが、食べるときに
「私猫舌やから、もう少し冷まさないと食べれない」と言ったんですが、
猫舌ってハングルだとどうなる??
となったんです。
辞書を引いてみると、単語としてはなく
‘뜨거운 것을 못 먹는 일’と書かれてました。
Cssiの辞書には、猫が熱いものを食べれないことから来た言葉と載ってました。
たしかに熱いものが食べれないことを猫舌というんですけど、
ニュアンス的に「食べれない」というより、「食べるのが苦手」って感じですよね。
それを伝えようと、今度は
苦手って何て言うの??
と調べると、これまた単語がないんです(→o←)ゞ
‘싫다’とか使った例文が出てたりしたんですけど、
嫌いと苦手は違うし・・・もうどう説明したらいいのか分からなくて、
「苦手って得意の反対ですよね?」ということで「得意の反対語」とか言ったり。
多分Cssiは「??????」状態やったと思いますね。



他に、Assiがハワイに行くという話になったとき、80歳になるご両親を連れてかれるということで「冥土の土産に」という言葉が出てきたんです。
冥土の土産って、どう言うの~!!!?
これは、もう説明しませんでした。
「う~ん、説明できない。日本語って難しいね。」とみんなでうなずきながら、
ごまかしごまかし、知らないふりをしちゃいました(;´▽`A``

昨日の日記で‘콩나물시루はすし詰めのこと’と書きましたが、
콩나물시루と聞いたら、まずはもちろん直訳しますよね。
それで、もやしの蒸し器??なんだそりゃ、ってなるのと同じで、
それぞれの国ならではの表現の仕方ってあるので、
日本語だけが難しいってわけではないんでしょうけどね。
でも、こんなところも語学の面白さなのかもですね。

あと、国の習慣というか、ひとつ「あぁ、そうなんやぁ」ってことがありました。
昨日はみんなドリアを頼んだんです。
もちろんCssiも。
で、食べるときにふとCssiをみると、必死(?)にかき混ぜてるんです。
その姿にYssiが「やっぱ韓国の人は混ぜるんやぁ」とつぶやき、
思わずじーっと見ちゃいました。
私たちがCssiのドリアを見ていることにも気づかず、かき混ぜるCssi。
あまりにも混ぜるので、思わずつっこみがでましたね。
「いやいや、そこまで混ぜなくても」
でも、この日本語が通じなかったCssiはまだまだ混ぜます(;´▽`A``
結局、気の済むまでかき混ぜていただきました。
別に混ぜることが悪いわけではないんですけど、
ほんとしっかり混ぜてる姿に、私は釘付けになっちゃいましたね。
こんな習慣が見えるのも、面白いですね。
[PR]
by picanhal | 2007-09-19 15:10 | 日記