BigBangチェゴ~!!


by picanhal
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

映画 『明日への遺言』 見てきました♪

d0095727_8165418.jpg
この映画『明日への遺言』は、第二次世界大戦終了後、アメリカが日本を占領する最中、B級戦犯裁判をたった一人戦い抜いた岡田資中将の実話。
正直、とても難しい映画でした。
映画の概要から、単純に「日本人が誇りとすべき上司像」というイメージで見たんですが、全体が静かに流れていく映画のせいか、自分が歴史について知識が浅いせいか、見ている時は思ってたほど深く入り込めませんでした。
でも、こうやって映画のことを思い返してみると、岡田資中将の言葉の重みがずしっと来ます。う~ん、説明はできないんですけど。
相撲部屋の事件では、当時の親方が「やっていない」ということだけでなく、「兄弟子達が勝手にやった」と言ってますよね。やったかやってないかの真実はどうであれ、兄弟子が勝手にやったことは親方の責任ではない、と言い張ってるように見えます。人間というのは弱い生き物であり、正直この事件の元親方のような人が多いと思います。私だって、この親方のことをひどいなぁ、と思っているけど、もし同じ状況に立ったら、自分をどうやって守るかしか考えられなくなるかもしれません。
戦争の犯罪者として捕らえられた日本人はたくさんいます。必死に罪から逃れようと、他の人に罪をなすりつけたりしていたことは想像がつきます。そんな中で、岡田資中将のように部下を守る姿には感銘を受けます。本当に尊敬すべき人だと思います。
あとこの映画でもう一人尊敬したのは、日本側の弁護をつとめたアメリカ人。
この人についてはあまり表だって書かれてないので、ネタバレにならないよう、どういう人だったかは書きませんが、この方も本当に尊敬すべき人だと思います。

この映画は、特に映画館で見なくてもいいかな、と思いますが、
DVDになってからでも日本人には一度は見てもらいたいな、と思います。
特に、戦争を知らない若者世代。
私はこの映画ではじめに第2次世界大戦が始まったきっかけなど、いろいろ当時の映像で出てきたんですが、それを見ながら「へぇ、そうなんだ」と思ってしまいました。当然知ってるべきのことなのに、恥ずかしいですね。
きっとそんな若者が多いと思うので(って、私はもう若者じゃないね汗)、
そういう意味も込めて、若者にこの映画を推薦したいと思います。

いやぁ、久々に真面目に書いてしまった(;´▽`A``
[PR]
by picanhal | 2008-03-13 08:21 | 日記